2019年7月20日(土)

防衛装備を国際共同開発 川重など多用途ヘリに名乗り

2014/11/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛装備品の国際共同開発が広がっている。陸上自衛隊の多用途ヘリコプターの開発に、川崎重工業と欧州エアバス、富士重工業と米ベル・ヘリコプターの2組が名乗りを上げた。水陸両用車は、三菱重工業と米ゼネラル・ダイナミクスが共同開発に着手した。開発費の抑制や技術取得、販路の開拓が見込めるため、今後の装備品開発の主流になるとみられる。

防衛装備品は近年、技術の高度化で開発費や生産費が上昇している。海外では経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。