/

この記事は会員限定です

トラック運転手の待機時間、7月から記録義務化へ

[有料会員限定]

国土交通省は7月からトラック運転手の長時間労働を是正するため、荷物の積み込みで生じる待機時間の記録を義務化する方針だ。貨物自動車運送事業輸送の安全規則の一部を改正し、雇い主の運送業者に非効率な待機時間を見直して業務の効率化を促す。待機時間は運送を発注する荷主の求めで生じるケースも多く、適正な対価を求めやすくする効果を狙う。

対象は車両総重量8トン以上、最大積載量5トン以上のトラックに乗務した運転手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン