2017年11月20日(月)

ASEANに円供給枠4兆円 金融安全網を提案
麻生氏 米利上げ見据え備え厚く

2017/5/5 19:39
保存
共有
印刷
その他

 麻生太郎財務相は5日、金融危機時に最大4兆円規模の円資金を供給する新たな金融安全網の創設を東南アジア諸国連合(ASEAN)に提案した。米利上げを見据え、危機への備えを厚くする。日中韓3カ国とASEANは同日、財務相・中央銀行総裁会議を開き「保護主義を含む政策の内向きシフト」が世界経済のリスクとする共同声明を採択した。

ASEANプラス3財務相・中央銀行総裁会議で記念写真に納まる麻生財務相(前列中央)ら(5日、横浜市)

ASEANプラス3財務相・中央銀行総裁会議で記念写真に納まる麻生財務相(前列中央)ら(5日、横浜市)

 アジア開発銀行(ADB)年次総会にあわせて開いた会議で提案した。柱は外貨不足に陥った国の通貨と引き換えに米ドルを供給する2国間の通貨交換(スワップ)協定の拡充。危機時に円を確保しやすくし、相手国のドル依存を解消する。

 麻生氏は自らの提案について「域内安定へ金融のセーフティーネットを強化する。関心を示す国と個別に協議する」と記者団に説明した。

5日に開いた財務相会議のポイント
日中韓地政学的な緊張の増大に対応
あらゆる形態の保護主義に反対
日ASEAN日本が最大4兆円規模の通貨融通枠の創設を提案
日本がタイ、マレーシアとドル建ての通貨スワップ協定で合意
日中韓
ASEAN
保護貿易を含む政策の内向きシフトが世界経済のリスクに
多国間の貿易・投資体制を支持

 日中韓の財務相と中銀総裁は同日、北朝鮮情勢を念頭に「地政学的な緊張の増大から金融の不安定性に対応する」との共同声明を採択した。保護主義にも反対を表明。この後の日中韓とASEANの財務相・中銀総裁の会合でも「多国間の貿易・投資体制を支持する」とし、世界貿易機関(WTO)を軽視する米トランプ政権をけん制した。

 財務省は同日、米ドルを供給する従来型のスワップ協定締結でタイ、マレーシアと合意した。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

財務省麻生太郎ASEAN米利上げ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報