2019年1月21日(月)

首相、揺らぐ改憲日程 支持率低迷で党主導へ
自民幹部「軌道を修正」

2017/8/6 2:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)が描く憲法改正の日程が揺らいでいる。学校法人「加計学園」を巡る問題などで内閣支持率が低下し、いまは改憲を主導する勢いを失っているためだ。首相はけん引役を自民党に委ね、野党の理解も得て議論を進める姿勢も強調し始めた。首相が目標としてきた秋の臨時国会への自民党改憲案の提出は先送りされる可能性がある。

「日程ありきではない。野党も含めて多数派を形成する努力を重ねなければならな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報