/

この記事は会員限定です

首相、揺らぐ改憲日程 支持率低迷で党主導へ

自民幹部「軌道を修正」

[有料会員限定]

安倍晋三首相(自民党総裁)が描く憲法改正の日程が揺らいでいる。学校法人「加計学園」を巡る問題などで内閣支持率が低下し、いまは改憲を主導する勢いを失っているためだ。首相はけん引役を自民党に委ね、野党の理解も得て議論を進める姿勢も強調し始めた。首相が目標としてきた秋の臨時国会への自民党改憲案の提出は先送りされる可能性がある。

「日程ありきではない。野党も含めて多数派を形成する努力を重ねなければならない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン