/

この記事は会員限定です

G20開幕、中国に構造改革要求相次ぐ 経済減速で

人民銀総裁「バブル」言及

[有料会員限定]

【アンカラ=飛田臨太郎】日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夕(日本時間5日未明)、トルコのアンカラで開幕した。初日の世界経済を巡る協議では、中国経済の減速に対して構造改革の必要性を訴える発言が相次いだ。麻生太郎財務相は中国に「構造的な問題に取り組むことが重要」と主張。中国人民銀行の周小川総裁から中国株の下落についてバブルがはじけたような動きがあったとの異例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン