2019年6月20日(木)

郵政が1000億円投資 通信網、大容量化に対応

2017/8/7 21:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政は日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3子会社のシステムと、全国の郵便局・ATMをつなぐ通信網を強化する。総額1000億円規模を投資し、2020年の稼働を目指す。宅配物が増え効率的な配送が求められるほか、投資信託など様々なサービスが拡充。通信の大容量化に対応できるネットワークを整え、営業や商品づくりの基盤を強める。

更新するのは「郵政総合情報通信ネットワーク(PNET)」と呼ばれる通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報