/

この記事は会員限定です

もたつく景気「内憂外患」 消費息切れ、中国調整なお

[有料会員限定]

足踏みを続けてきた景気のもたつきが目立ってきた。期待された賃上げは勢いを欠き、個人消費が息切れし始めた。円高や海外経済の減速を背景に設備投資は先送り懸念が強まっている。国内需要の推進力が弱まり、日銀が導入したマイナス金利政策の効果もまだ見えない。

アベノミクスが始まって3年。海外経済に不安を抱えつつも景気が回復基調を保っていたのは、個人消費や設備投資などの国内需要が下支えしていたことが大きい。だが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン