2019年2月16日(土)

豪国防相「日本案を真剣に検討」 潜水艦調達で中谷防衛相に

2015/11/4 20:42
保存
共有
印刷
その他

【クアラルンプール=田島如生】中谷元・防衛相は4日、クアラルンプール郊外のホテルでオーストラリアのペイン国防相と会談した。豪州が調達を計画し、日本が受注をめざしている新型潜水艦について、豪州での生産も視野に入れていると説明。ペイン氏は「日本の提案は真剣に検討している」と応じた。

ペイン氏の9月の国防相就任後、日豪の防衛相会談を開くのは初めて。南シナ海で中国が人工島を造成している問題に関し、航行の自由を確保する重要性で一致。ペイン氏が「こうした問題は同じ立場でメッセージを出すのが大事だ」と述べ、日豪で足並みをそろえる重要性を指摘した。

中谷氏は「豪州は米国以外では最も防衛協力の面で緊密な関係を保っている」と強調。共同訓練や防衛装備品の分野で、日豪や日米豪の協力を進めるべきだと確認した。ペイン氏は日本の安全保障関連法の成立を「歓迎する」と評価した。

日豪両政府は11月下旬に豪州で外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開き、日豪の防衛協力について改めて協議する方向だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報