行政事業レビュー、原発予算の透明性要求 河野行革相が論点

2015/11/5 1:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

河野太郎行政改革相は4日、税金の無駄遣いを点検するため11~13日に開く「行政事業レビュー」の論点を発表した。原子力関連予算でコスト削減や事業の透明性確保を求め、科学技術予算では成果目標の設定や効果の測定を促す。政権の改革姿勢をアピールし、歳出抑制を目指す。

参考人としてエネルギーの規制改革を唱える都留文科大学の高橋洋教授や、観光政策に詳しいデービッド・アトキンソン氏らが加わる見通しだ。

行革相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]