/

維新議員に懲罰動議4度目 民進「質問を放棄」

民進党は4日、衆院総務委員会で予定していた質問を取りやめた日本維新の会の足立康史氏への懲罰動議を衆院に提出した。足立氏への懲罰動議は4回目。民進党は「自己都合による質問放棄は許されない」と指摘。足立氏は「衆院憲法審査会の幹事懇が長引いたため」と主張している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン