2018年11月14日(水)

集団的自衛権行使、全参考人が「違憲」 衆院憲法審

2015/6/4付
保存
共有
印刷
その他

4日の衆院憲法審査会で、参考人として呼んだ3人の有識者全員が集団的自衛権の行使容認について「違憲」を表明した。自民、公明両党が推薦した参考人までが違憲と断じたことに与党内では波紋が広がり、身内批判も飛び出した。野党は与党の「オウンゴール」に勢いづいており、安全保障関連法案を巡る審議での攻勢を強める構えだ。

審査会は4日「立憲主義」などを議題に意見を聴取。参考人が意見を述べた後、各党委員が質問した。注目を集めたのは、集団的自衛権の行使容認が憲法違反でないかと聞いた民主党の中川正春氏の質問だ。

「先生方が裁判官だったらどう判断しますか」。この問いかけに、与党と次世代の党が推薦した長谷部恭男早稲田大教授は「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかない」と明言した。

民主党が推薦した小林節慶応大名誉教授も「憲法9条は海外で軍事活動する資格は与えていない」、維新の党推薦の笹田栄司早稲田大教授も「(従来の法制を)踏み越えてしまう」と、いずれも「違憲」と表明した。

与党側は審査会中に危機感を高めたようで、安全保障法制を巡る与党協議で中心となった公明党の北側一雄副代表は用意していた質問を引っ込め「憲法の枠内でどこまで自衛の措置が許されるのか(政府・与党で)議論した」と反論した。

自民党の国会対策委員会幹部は「安保法制の審議を正常に戻そうという時にタイミングが悪い」と憤る。衆院平和安全法制特別委員会は審議日程を巡って野党が反発し、4日にようやく5日の審議再開を確認したばかり。与党幹部らも審査会の始末に怒りを隠さない。

なぜ与党は行使容認に反対の長谷部氏を呼んだのか。4日の審査会は憲法改正の限界や違憲立法審査など幅広い議論を予定し、人選に携わった自民党幹事には「集団的自衛権を巡る見解を正面から問われるとは思わなかった」との誤算があった。改憲派の学者も浮上したが、より立憲主義に詳しい長谷部氏を呼んだ。

野党は活気づいている。民主党の長妻昭代表代行は記者会見で「集団的自衛権の行使が憲法の枠内にきちっと収まっているのか私も疑問に思っていた」と強調。法案自体が憲法違反との観点からも追及を強める意向を示した。民主党の中川氏は党代議士会で「与党もこれ以上、議論を進めることはできない」と力説。共産党の志位和夫委員長も違憲性に焦点をあてていく考えを表明した。

審査会は有識者の意見を受け、11日に同じテーマで各党が議論する。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報