/

病院の受診回数、日本は先進国平均の2倍 報酬制度が影響

経済協力開発機構(OECD)は4日、先進国の医療に関する報告書をまとめた。日本の国民1人が医師の診察を受ける回数は年12.9回とOECD平均(6.6回)のほぼ2倍。「日本の制度は(医療行為ごとに医師の報酬が増える)出来高払いのため、医師が患者に何度も受診するよう促しているのでは」(コロンボ医療課長)という。

受診回数が最も多いのは韓国で14.6回。ドイツ(9.9回)、英国(5.0回)、米国(4.0回)と比べても日韓が突出して高い。スウェーデンやメキシコはともに3回を下回っており、OECDは両国の医師が決まった給料制で働いていることを理由に挙げた。

医師1人が診察する患者数も日本が5633人とOECD平均(2277人)の2倍。1位は韓国で6732人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン