電力4社、送配電設備を共同調達 年560億円削減

2015/2/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京、中部、東北、北海道の電力4社は送配電部門で提携する方針を固めた。電柱や電線を2015年度から共同で調達し、年間で最大560億円程度のコストを削減する。電気料金の引き下げにつなげる狙いがある。北海道や東北の再生可能エネルギーで発電した電気を首都圏に送ることも検討する。電力会社の再編に向けた動きがいちだんと広がりそうだ。

東電が2月上旬に示す総合特別事業計画(再建計画)の骨子に、送配電の提携方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]