TPP大筋合意へ 海外開拓で恩恵広く

2015/10/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が大筋合意に達する見通しになった。参加12カ国の関税が撤廃されたり投資ルールが統一されたりすることで、日本企業は域内市場でこれまでよりも自由に活動しやすくなる。自動車など製造業だけでなく小売りなど恩恵は幅広い業種に及びそう。国内市場の縮小に直面する日本企業が海外市場を開拓する追い風となる。

 TPPは関税をなくす品目の割合が高く、投資のルールを透明にするレベルの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

TPPFTA

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22:00
7:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 22:00
22:00
東京 22:00
21:50
信越 22:00
22:00
東海 23:00
22:00
北陸 21:30
21:30
関西 23:00
23:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
21:34
21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報