沖縄の子供の貧困対策に2300万円追加 内閣府

2016/10/4 18:51
共有
保存
印刷
その他

 内閣府は4日、沖縄県の経済的に困窮した世帯の子供への支援を追加発表した。今年度3回目で今回はうるま市や宮古島市など9つの市町村へ2300万円を交付。今年度の交付総額は9億6100万円に上る。具体的には、食事の提供など基礎生活を支援する「子供の居場所」の公民館などへの設置や、対策支援員を市町村役場や教育委員会に配置する。

 日本財団の調査によると、沖縄県は子供の貧困が将来の経済に与える損失が47都道府県の中でもっとも大きいとされ、子供の貧困対策が課題になっている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

沖縄内閣府

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 22:00
22:00
関東 22:00
22:00
東京 22:05
22:00
信越 21:18
0:14
東海 22:00
21:55
北陸 2:18
20日 21:30
関西 22:00
21:30
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
22:05
21:46

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報