2019年9月16日(月)

首相、辺野古和解受け入れ 工事中断し県と再協議

2016/3/4 13:14
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は4日午後、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が示した工事中止を含む和解案を受け入れる方針を表明した。「和解内容を誠実に実行し、埋め立て工事を中止する」との方針も明らかにした。

首相は「国と沖縄県の双方が延々と訴訟合戦を繰り広げている関係が続けば、結果として膠着状態となり、普天間の、沖縄の現状がこれから何年も固定化されかねない」と述べ、和解案を受け入れる考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

これに先立ち、首相官邸で中谷元・防衛相や岸田文雄外相ら関係閣僚と会談し、和解を受け入れる方針を確認した。沖縄県側は和解案の受け入れを決めており、政府側の受け入れ決定により和解が成立する見通しとなった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。