西川農相、TPP交渉の決着「早い方がいい」

2014/9/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西川公也農相は4日、貿易や投資の自由化をめざす環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について「貿易拡大のために経済連携を進めていきたい。経済効果があるなら早い方がいい」と語り、できるだけ早期に決着をめざす姿勢を強調した。

――米国は年内にTPP交渉をまとめたいようだが。

「TPPが合意すれば日本経済が潤うという方向性はみえている。ただ何日までにと交渉期限を切ったら交渉のカードを失うことになる。衆参農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]