メタンハイドレート 愛知・三重沖で天然ガス確認 経産省実験

2017/5/4 20:43
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は4日、4月下旬から愛知・三重県沖で実施しているメタンハイドレートの商業化に向けた実験で、天然ガスの産出を確認したと発表した。海底で採掘されるメタンハイドレートは分解すると天然ガスが得られる氷状の塊で、「燃える氷」とも呼ばれる。2013年の前回実験は設備トラブルが起こり6日間で打ち切ったが、今回は3~4週間、継続して生産するのが目標だ。

 海底のメタンハイドレートから取り出され、燃えるガス(4日、愛知県沖)=メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム提供

海底のメタンハイドレートから取り出され、燃えるガス(4日、愛知県沖)=メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム提供

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」が海底からメタンハイドレートを取り出し、天然ガスを抽出する。メタンハイドレートは次世代の国産エネルギーと期待されてきたが、産出や輸送などノウハウが乏しく、安定生産のめどが立っていないのが現状だ。

産出実験に多額の費用がかかることもあり、失敗が続けば商業化の実現性に疑問符がつきかねない。経産省関係者は「今回の実験での成功が不可欠だ」と意気込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]