2018年5月23日(水)

辺野古移設、1カ月中断 菅長官「沖縄県と集中協議」

2015/8/4付
保存
共有
印刷
その他

 菅義偉官房長官は4日の閣議後の記者会見で、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸への移設に関する作業について10日から9月9日までの約1カ月間、一時中断すると発表した。政府は夏以降に埋め立て工事に着手することを目指していたが、移設に強く反対している県側との対話を進めるため、埋め立てを先送りする姿勢に転じた。

首相官邸に入る菅官房長官(4日午前)

首相官邸に入る菅官房長官(4日午前)

 菅長官は「政府の考え方を改めて沖縄県に説明するとともに問題解決に向け集中的に協議をする」と語った。中谷元・防衛相は国会内で記者団に「この間は作業を中断して協議する。この間の着工はしない」と述べ、9月以降に先送りする考えを示した。

 菅長官は「普天間の危険除去と辺野古移設に関する政府の考え方、沖縄県の負担軽減を目に見える形で実現する取り組みを改めて丁寧に説明する」と強調。仲井真弘多前知事による辺野古埋め立て承認には法的問題があるとした県の第三者委員会の報告書も踏まえ「県からは第三者委員会の報告書を受けた検討事項も含めて考えを聞く機会にしたい」と述べた。

 作業の一時中断と集中協議は政府側が申し入れた。菅長官が沖縄県を訪問して翁長雄志知事と会談するほか、事務レベルでも協議する。

 菅長官は、県が在日米軍に申請していた辺野古沖の臨時制限区域での環境に関する立ち入り調査が許可されるとの見通しも示した。政府は期間中、ボーリング調査を中断するとともに資材の搬入なども停止する。埋め立て工事を始める前に必要な事前協議に関する文書は取り下げない。

 翁長知事は第三者委員会の報告書を受け、辺野古埋め立ての承認を取り消す考えを示唆していた。菅長官は「1回落ち着いた中で協議する必要があると判断した」と述べた。

 民主党の枝野幸男幹事長は国会内で記者団に「歓迎すべきこと。1カ月の間に沖縄県への真摯な対応を求めたい。民意が大きなうねりをつくれば、政府の強硬姿勢を変えることができる」と述べた。維新の党の柿沢未途幹事長は記者会見で「率直に肯定的にとらえたい。ここで立ち止まって沖縄と真摯に議論していく選択をしたことは評価できる」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報