/

この記事は会員限定です

沖縄知事選、保守分裂が濃厚 翁長・那覇市長が出馬へ

[有料会員限定]

11月16日投開票の沖縄県知事選を巡り、翁長雄志・那覇市長が4日、出馬する意向を示した。米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)移設問題が最大の争点で、翁長氏は名護市辺野古への移設反対を掲げる。翁長氏は元自民党沖縄県連幹事長。3選出馬を決めた仲井真弘多知事と保守分裂の構図が固まりつつあり、自民、公明両党は対応を急ぐ。

翁長氏は4日、那覇市内で移設反対派の稲嶺進・名護市長や名護市議と会談し、出馬の要請を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン