/

菅官房長官が沖縄入り 5日に翁長知事と初会談

(更新)

菅義偉官房長官は4日午前、沖縄県を訪れた。5日に翁長雄志知事と那覇市内のホテルで会談し、米軍普天間基地(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題をめぐり意見交換する。両氏の会談は2014年12月に翁長氏が知事に就任して以来初めてとなる。

菅長官は4日午前、糸満市内の平和祈念公園を訪問した。午後には那覇市内での自民党沖縄県連の会合に出席し、知事との会談に関し「沖縄の基地負担軽減と振興策について、忌憚(きたん)のない意見交換をしたい」と強調。「(普天間基地の)固定化は絶対に避けなければいけない。移設の原点を忘れてはならない」とも語った。

この後、菅長官は米軍キャンプ瑞慶覧にある西普天間住宅地区(宜野湾市)の返還式典に臨む。

辺野古移設問題を巡っては、翁長氏が3月に作業の停止を沖縄防衛局に指示。政府がこれをいったん無効とし、県側との対立が深まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン