2019年5月24日(金)

アフリカにクリーンエネ導入、財務省が支援策

2017/7/3 20:01
保存
共有
印刷
その他

財務省は3日、アフリカ開発銀行(AfDB)と協力し、アフリカで環境に配慮したエネルギーの導入を支援する枠組みを設けると発表した。発電効率が高く環境負荷が低い火力発電所の建設などに最大で約60億ドルを提供する。人口増や経済発展に伴いアフリカの電力需要は拡大している。資金面のほか、日本の技術を生かして質の高いエネルギーインフラを輸出する。

今回設けた枠組みは「日本・アフリカエネルギー・イニシアチブ」。AfDBがアフリカ諸国の需要や案件を発掘し、日本政府は資金の工面や発電施設の建設、運営などで協力する。例えば、二酸化炭素(CO2)排出量を抑えた火発の建設や、地熱を利用した発電所の整備などを想定している。

資金は国際協力機構(JICA)や国際協力銀行(JBIC)を通じ、事業を進めるアフリカ各国政府への円借款や民間事業者への融資などで提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報