首相、憲法9条改正「国民の命守るため」 人質事件念頭に

2015/2/3付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は3日の参院予算委員会で、邦人人質事件を踏まえ、憲法9条改正に意欲を示した。「わが党はすでに憲法9条の改正案を示している。なぜ改正するかと言えば、国民の生命と財産を守る任務をまっとうするためだ」と述べた。邦人人質事件を念頭に「今後さまざまな事態にどう対応していくか。そのなかで9条をどう考えるべきか」とも語った。

首相は、現在進めている安保法制の整備については「警察権の行使として自衛隊が邦人を救出するうえで、可能にしていくため法改正を準備している」と説明した。

次世代の党の和田政宗氏への答弁。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]