牛乳の賞味期限長く、急速冷凍で鮮度保ち輸出 農水省

2016/6/6 0:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は2017年度にも風味や鮮度を保ったまま牛乳を輸出できるようにする。短時間で冷凍できる技術の実証実験に乗り出し、賞味期限を現状の2週間程度から数カ月に延ばす。実現すれば世界初とみられ、国内市場に依存する酪農産業の活性化につながる可能性がある。

農水省の補助事業として乳業メーカーの業界団体である日本乳業協会(東京・千代田)が実証実験を始める。同協会は月内にも実験に参加する企業を公募する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]