/

少女像撤去「約束ではない」 韓国が報告書

ソウルにある日本大使館前の慰安婦少女像

【ソウル=共同】韓国女性家族省は3日、従軍慰安婦問題に関する報告書を発表した。日本が撤去を求めるソウルの大使館前の少女像について、2015年の日韓合意で韓国が適切な解決への努力を表明したことは、撤去の約束ではなく「本質的な合意が誠実に履行されようやく検討される『付随的な合意』にすぎない」と主張した。報告書作成は政府事業だが、同省は大学研究機関がまとめたとして「内容は研究陣の意見で、女性家族省の公式の立場ではない」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン