/

再エネ発電量、30年に全体の24%に 環境省試算

環境省は3日、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの発電量が現状の普及策のままでも2030年に全体の24%に達するとの試算を発表した。13年度の約2.5倍になる。経済産業省の試算を上回りそうだが、広域な電力融通が効果を発揮することなどを理由に挙げている。

試算は政府が検討を進めている30年時点の電源構成の土台となる。環境省から委託された三菱総合研究所が試算した。

太陽光はマンションなど集合住宅が大きく伸びて30年に現状の約5倍の777億キロワット時になり、風力は洋上風力などが大きく伸びて8.5倍の410億キロワット時に増える。地熱は国立・国定公園内での開発促進策によって4倍の134億キロワット時になると見込んでいる。

最大限普及した場合、再生エネの比率は35%に増えると見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン