/

日本で得た特許、ニュージーランドでの審査短縮 6日から

特許庁は3日、ニュージーランド知的財産庁と特許の審査期間などを相互に短縮する制度「特許審査ハイウェイ(PPH)」を導入すると発表した。日本企業は国内で取得した特許をニュージーランドで出願する際の審査期間が短くなる。6日から実施する。

同国では医薬品の製剤技術を中心に日本企業などが年間で約200件の特許を出願している。PPHが始まれば審査期間がこれまでの3分の1ほどに短縮されるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン