2017年11月22日(水)

維新、中東での機雷掃海認めず 集団的自衛権で歯止め厳格に

2015/5/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 維新の党は政府・与党の新たな安全保障法制を巡り、自衛隊による中東・ホルムズ海峡での機雷掃海活動について、集団的自衛権行使を認めない方針だ。集団的自衛権は「国際法的に個別的自衛権とみなす範囲は認める」(江田憲司代表)と限定容認の立場で、歯止めを厳格にする。大型連休明けに対案をまとめる。

 政府・与党は「密接な関係国に対する武力攻撃が発生し、我が国の存立が脅かされる明白な危険がある」事態を「存立危機事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

江田憲司集団的自衛権



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報