/

森友理事長招致、野党が改めて要求 政府は慎重姿勢

民進党の榛葉賀津也参院国会対策委員長は3日午前、国会内で自民党の松山政司参院国対委員長と会談した。学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地を評価額より大幅に安く取得した問題を巡り、籠池泰典理事長と、当時財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官ら6人の参考人招致を要求。松山氏は持ち帰った。同日午後に再会談する。

これに関連し、菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で、籠池氏の国会招致について「一般論として、違法性のない事案にかかる審査は慎重であるべきだ」と述べ、否定的な考えを示した。榛葉氏は会談後、記者団に「籠池氏らを国会に呼ばない理由が分からない。問題を隠蔽しようとしている」と語った。

土生栄二内閣審議官は3日の衆院国土交通委員会で、安倍昭恵首相夫人が2015年9月に森友学園が運営する幼稚園で講演した際に政府職員を同行させていたとの認識を示した。「公費で出張した事実はない。私的行為で同行することはあり得る。同行していたと承知している」と述べた。

財務省の佐川宣寿理財局長は同日の参院予算委員会で、16年3月半ばの籠池氏と理財局担当者の面会に関し、籠池氏から「新たに埋設物が見つかり、何とかしないと開校に間に合わない」と相談されたと説明した。「現場で近畿財務局や国交省大阪航空局と連携してやりましょう」と口頭で話したと明らかにした。記録が残っていないとも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン