/

この記事は会員限定です

北朝鮮ミサイル、秋田沖に落下

(更新) [有料会員限定]

【ソウル=加藤宏一】韓国軍によると、北朝鮮は3日午前7時53分ごろ、南西部の黄海南道付近から弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。中距離弾道ミサイル「ノドン」と推定される。防衛省は約1千キロ飛行し、秋田県男鹿半島沖の西約250キロメートルの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したもようだと発表した。海上自衛隊の護衛艦がミサイルの破片の回収に向かっている。

ミサイルの弾頭部分が日本のEEZに落下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン