/

この記事は会員限定です

高校生の政治活動解禁 政府、「18歳選挙権」見据え

[有料会員限定]

政府は来年夏の参院選から実施される見通しの「18歳選挙権」に向け、高校生ら若者の政治教育を見直す。これまで「教育上好ましくない」としてきた高校生の政治活動を一部認めるとともに、有権者として必要な知識を得られる副教材を全ての高校生に配布。授業で政治の動きを積極的に教えることも求め、若者の政治への関心が高まるよう促す。

選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案は今国会で成立する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン