/

この記事は会員限定です

JIS サービスも対象に 経産省、国際標準化めざす

[有料会員限定]

日本のもの作りの指針になってきた日本工業規格(JIS)が大きく変わる。経済産業省は法律を抜本改正し、対象を鉱工業製品だけでなく、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用したサービスなどに広げる。国際的な規格作りの動きに迅速に対応できるようにして、成長分野での日本企業の競争力強化を後押しする。

産業構造審議会(経産相の諮問機関)が近く検討委員会を設置し、今夏中をめどに工業標準化法(JIS法)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン