自民、参院選改革で合区容認へ 民公は20県を10区に

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院自民党執行部は2日、参院選の1票の格差を是正するため、最小限の「合区」を認める方針を決めた。選挙区の定数を「6増6減」するとともに、鳥取・島根両県の選挙区を統合する案が軸になる。参院選挙制度改革が進む可能性がでてきたが、民主、公明両党は同日、20県を10選挙区に合区する案でまとまっており、具体案を巡る隔たりはなお大きい。

2日の参院自民党の検討会で、岩城光英参院副会長が「最小限の合区はやむを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]