/

この記事は会員限定です

個人向け10年物国債、初の募集中止 マイナス金利の余波

[有料会員限定]

日銀のマイナス金利政策決定の余波が広がっている。財務省が3月に発行予定だった個人や自治体を対象とした10年物の新型窓口販売国債の募集を中止することが2日わかった。利回りがマイナスになる見通しとなったため。投資家が政府に利子を払うような状況では需要が見込めないと判断した。10年債の募集中止は初めて。

3日に発表する。募集を中止するのは個人や市町村などが5万円単位でゆうちょ銀行や地銀を通じ購入できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン