赤字国債、立法不要措置を継続へ 財務省が3~5年軸に検討

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は当初予算が成立すると自動的に赤字国債を発行できるようにする特別措置を2016年度以降も延長する方針だ。期間は3~5年間を軸に検討する。政治の混乱などで必要な法案が通らずに赤字国債を発行できなくなり、国民生活や地方行政に支障が出る事態を避ける狙い。

財政法は赤字国債の発行を禁じており、発行するには本来、毎年度の予算案に合わせて提出する特例公債法案を国会で成立させる必要がある。13~15年度…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]