AIで生活習慣病予防 経産省、健保データ活用
患者予備軍に改善助言

2017/6/12 12:19
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 経済産業省は人工知能(AI)による予防医療システムの実用化に乗り出す。糖尿病や高血圧の患者の運動習慣や食事の嗜好などをビッグデータとして集め、患者予備軍に自動的にメールなどでこまめに改善策などを助言できるようにする。2018年度からの導入をめざす。生活習慣病の防止で40兆円を超える医療費の抑制や、健康関連市場の創出につなげる。

 開発・運用は国立研究開発法人の日本医療研究開発機構が手掛ける。秋から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

生活習慣病AI経済産業省日本医療研究開発機構

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報