/

この記事は会員限定です

改憲論議、衆参で再開へ 合意点見通せず

[有料会員限定]

憲法公布から70年を迎えた今月、与野党は衆参両院で憲法改正論議を再開する。現行憲法のどこが問題で、どう改正すべきか。各党の思惑は交錯しており、合意点はまだ見通せない。

参院憲法審査会は2日の幹事懇談会で、審査会の16日開催を決めた。約9カ月ぶりの再開で、二院制のあり方などを話し合う。衆院憲法審査会も10日と17日の開催が決定ずみ。議題は憲法の制定過程や立憲主義だ。

審査会はまず各党の自由討議から入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン