/

自民幹事長、少年法の対象年齢引き下げに慎重

自民党の谷垣禎一幹事長は2日の記者会見で、与党内で少年法の対象年齢を「20歳」から「18歳」に引き下げるべきだとの意見が出ていることについて「ただちに引き下げていいのか」と慎重姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン