/

この記事は会員限定です

電子納税 全国共通で 総務省方針、企業の事務負担軽減

[有料会員限定]

総務省は、企業が全国の地方自治体に納める税金について、全国共通の電子納税のシステムをつくる方針だ。大企業などは従業員が住む自治体ごとに税金を納める必要があり、納税の事務負担を大幅に減らす。

企業向けの新しいネット納税システムは総務省の研究会が制度案をまとめた。総務省は今後、全国の自治体などと調整し、2019年10月の導入を目指す。

現在の地方税の納税の仕組みは企業の負担が重いとの不満がある。様々な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン