/

この記事は会員限定です

地方交通会社へ財投出資 車両刷新しやすく、国交省法改正へ

[有料会員限定]

国土交通省は財政投融資の資金を活用し、バスや鉄道を運行する地域企業に出資するしくみをつくる。地元が立ち上げた新会社に資金を出し、LRT(次世代路面電車)など新型車両を導入しやすくする。地方ではバスの路線が重複するなど非効率な運行が目立つため、路線網の再編計画をまとめることを条件にする。財投資金をてこに、地方交通の効率化と利便向上の両立をめざす。

独立行政法人の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が出資業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン