/

この記事は会員限定です

手堅さ重視、経験者続々 専門分野への登用 目玉に

[有料会員限定]

安倍晋三首相が3日に実施する内閣改造と自民党役員人事の顔ぶれが固まった。麻生太郎副総理・財務相や菅義偉官房長官ら政権の骨格を維持しつつ、人心の一新で反転攻勢を狙ったが、ふたを開けてみると閣僚経験者や各分野に詳しい人材を起用する手堅さを重視した布陣となった。経験不足を露呈し、野党に追及材料を与えない「守り」を固めた一方、目玉づくりには苦慮したようだ。

その目玉の一つが親子2代での外相となる河野太郎前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン