/

中国軍艦が領海侵入 津軽海峡、1年1カ月ぶり

中国海軍の情報収集艦1隻が2日午前10時40分ごろ、津軽海峡で日本の領海に入ったのを海上自衛隊のP1哨戒機が確認した。防衛省が同日夜、発表した。中国軍艦の領海侵入を確認したのは2004年11月、16年6月に続き3回目となる。

確認したのは中国海軍「ドンディアオ級」の情報収集艦。午前10時40分ごろ北海道松前町の南西方面の領海に入域し東方に進んだ。午後0時10分ごろ領海から出て、そのまま太平洋側に抜けた。

国際法上の無害通航にあたるかは「確定的な情報が得られているわけではない」(防衛省)という。海上警備行動は発令しなかった。

津軽海峡は国際海峡で外国軍艦は通常、中央の公海部分を進む。領海侵入した地域は、領海内に入れば最短距離で津軽海峡を横断できた。

前回16年の領海侵入は鹿児島県口永良部島の西で起き、情報収集艦1隻が領海に入った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン