/

この記事は会員限定です

保育士確保へ待遇改善 横浜市は無償で住居用意

[有料会員限定]

認可保育所に入れない待機児童をゼロにするため、自治体が保育士の待遇を改善して人材確保を急いでいる。名古屋市や福岡市などはボーナスや給与を引き上げ、横浜市などは住居を用意するなど福利厚生を高める。政府は働く女性を増やして社会に活力を与えようと動くが、保育所の受け入れ能力は不足する。待機児童数は約2万人と高止まりしており、自治体はまず保育士不足を解消する。

昨年時点で待機児童を多く抱えていた106自治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン