厚労省、過剰なリハビリ削減 17年春から実施

2016/4/4 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は病院での過剰なリハビリの削減に乗り出す。患者に長時間のリハビリを実施したにもかかわらず効果が出ていない場合、2017年4月から1日あたりの実施時間を制限し、病院が受け取る診療報酬を最大3分の1減らす。医療費の伸びを抑えるとともに、患者の体や費用の負担を減らす狙いがある。

病院の収入である診療報酬は患者にリハビリを施した時間の長さに応じて支払われる。厚労省は06年度に1日のリハビリ時間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]