/

環境相「失望と怒り」、閣僚発言相次ぐ 米パリ協定離脱

トランプ米政権がパリ協定離脱を表明したのを受けて、2日の閣議後の記者会見では閣僚からの反応が相次いだ。

山本公一環境相は「環境相として個人として大変に失望している。怒りも覚えている」と語った。米離脱を受けて「米国に追随する国があってもおかしくない」と警戒感を示した。菅義偉官房長官は「残念だ。気候変動問題への対応は国際社会が取り組むべきグローバルな課題。米国の関与は引き続き重要だという認識のもと米国に働きかけていきたい」と述べた。

岸田文雄外相は「他の締約国と着実な実施を進めたい。米国と協力していく方法を探求していきたい」と語った。外務省は声明を発表し、「先進国がリーダーシップを発揮し、パリ協定を着実に実施していくことが重要だ」と主張した。

石原伸晃経済財政・再生相は「(パリ協定の)枠組みが本当に崩れてしまう。経済社会への影響も想定できる」と懸念を示した。山本幸三地方創生相は「米国が国際舞台から背を向け、国際的なリーダーとしての信頼感が失われるのは好ましくない」と再考を求めた。

麻生太郎財務相は「シェールガスやシェールオイルで米国はいま(エネルギー資源を)輸出する側になってきている。経済に及ぼす影響がいかがなものか、それで『ちょっと待て』と言ったのだと思う」と話した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン