/

ベトナムとインドの数次ビザ最長10年に 外務省

外務省は2日、ベトナムとインドに対し、日本に何度も入国できるようになる数次査証(ビザ)の発給要件を緩和すると発表した。ビジネス目的や、大学教授など文化・知識人が入国する場合、有効期間を現行の5年から10年とする。日本が最長10年の数次ビザを発行するのは両国が初めて。15日から運用する。

文化・知識人の範囲についても、医者や弁護士など国家資格を持つ者にまで広げる。数次ビザは2回目以降の入国では観光目的でも使える。

インド、ベトナムともビジネスを目的とした訪日客が増えており、ビザ緩和で日本との行き来をしやすくする。岸田文雄外相は2日の閣議後の記者会見で「ビジネス面での利便性向上や、リピーター増加による観光立国への貢献に期待している」と述べた。

ビザ緩和は安倍晋三首相が昨年9月にベトナム最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長と、昨年12月にインドのモディ首相と会談した際に合意していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン