2019年1月24日(木)

首相「人命第一を指示」 バングラに外務副大臣派遣
邦人人質か

2016/7/2 9:29 (2016/7/2 13:30更新)
保存
共有
印刷
その他

バングラデシュで日本人が人質になった可能性について記者の質問に答える安倍首相(2日午前、首相官邸)

バングラデシュで日本人が人質になった可能性について記者の質問に答える安倍首相(2日午前、首相官邸)

安倍晋三首相は2日午前、バングラデシュの首都ダッカでの武装グループによる人質事件を受け、情報収集に全力を挙げ、バングラデシュなど関係国と連携し、人命第一で対応するよう関係省庁に指示した。木原誠二外務副大臣を現地に派遣する。最新情報を確認するため、バングラデシュ政府に同国首脳との電話協議を要請している。

首相は2日に予定していた北海道での参院選の遊説を中止した。午前9時すぎに官邸入りし、岸田文雄外相から報告を受けた。午前11時半から国家安全保障会議(NSC)を開き、麻生太郎副総理や外相らと対応を協議した。

菅義偉官房長官は2日朝の記者会見で「現在、事実関係の確認に全力を挙げている。官邸の情報連絡室を官邸対策室に改組し、人命優先に対応している」と述べた。

現地入りする木原外務副大臣には、関係省庁の職員や医師でつくる「海外緊急展開チーム」(ERT)も同行する。

政府はバングラデシュに外務省、警察庁、防衛省などのスタッフでつくる「国際テロ情報収集ユニット」の担当者も派遣した。情報収集に全力を挙げる。

ダッカにある日本大使館は日本時間の午前2時45分に現地対策本部を設けた。外務省は岸田外相を本部長とする緊急対策本部を設置。同国に滞在する日本人や旅行者に向けてメールを一斉送信し、注意喚起した。

自民党も2日午前、対策室を設置した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報