生活保護の医療扶助見直しへ 財務省方針

2017/9/4 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は2018年度予算編成で、生活保護の医療費扶助を見直す。現在、生活保護世帯の医療費は全額公費で負担している。自己負担がないため、薬の重複投与などが問題になっている。1カ所の薬局で重複しないように薬を出す「かかりつけ薬局」の仕組みの導入などを検討し、医療費を抑える。年末にかけて厚生労働省と議論を進める。

18年度は生活保護の支給基準を見直す。15年度には3.8兆円だった生活保護費のうち4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]