/

この記事は会員限定です

タイと防衛装備品協定、政府が検討 哨戒機や飛行艇対象

[有料会員限定]

政府はタイとの防衛装備品の移転や技術協力に関する協定締結を検討する。タイは海上自衛隊のP1哨戒機や救難飛行艇US2に関心を寄せている。日本はタイ軍事政権への中国の接近を警戒、日本の防衛装備品の移転を進め、安全保障協力の強化につなげる。

中谷元・防衛相が7日、タイの首都バンコクを訪れ、プラウィット副首相兼国防相と装備品協力を話し合う。装備品協定は輸出の前提になるもので、武器や関連技術を移転したり、当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン