企業、内需回復に手応え 日銀6月短観 設備投資が旺盛

2015/7/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業が内需回復に手応えをつかんでいることを示した。好調な業績で景況感が改善し、2015年度の大企業製造業の設備投資計画は11年ぶりの高い伸び率となった。「収益から投資へ」という好循環は中小企業の一部にも波及し始めているが、中国など海外経済の先行きがリスクとしてくすぶっている。

大企業の景況感を示す業況判断指数(DI、「良い」―「悪い」)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]